にきび跡にはレーザー治療が最適!~美容外科で美肌をゲット~

女性

にきびの跡を治療するには

婦人

にきびは治った後も大変

にきびは皮膚の表面に棲みついた雑菌のしわざであるということはよく知られているところです。これらの菌は普段は何も悪さをしないのですが、古くなった角質や余分な皮脂などが毛穴に詰まったままの状態でいると、それをエサにして繁殖し、皮膚に炎症を起こさせます。これがにきびです。にきびは薬や薬用石鹸などによってしっかりケアすれば解消することができます。ただ、炎症の程度が重いとにきびが完治した後もにきび跡が残ってしまうことがあります。にきび跡は肌がポツポツと赤くなったり、表面が凸凹したりといったトラブルとなってあらわれます。赤いシミは肌の内側が化膿してしまった状態であり、凸凹は肌の真皮層までが菌によって浸食されてしまっている状態です。

傷ついたお肌を修復

にきび跡は、美容外科などのクリニックで治療することができます。現在最も人気を呼んでいる治療法の1つが、レーザー治療です。人気の理由は、治療時間が非常に短くて済むこと、そして通常のスキンケアでは改善できないようなにきび跡に対しても治療効果が期待できることです。レーザー治療にはいくつかの種類があります。たとえば特定の色素にだけ反応する色素レーザーは、赤いシミタイプのにきび跡に効果的です。また凸凹タイプのにきび跡には、肌の表面を削るように滑らかにしていく炭酸ガスレーザーや、肌に極小の穴を開けてコラーゲン等の生成を促すフラクショナルレーザーなどが使用されます。いずれも傷ついた細胞を熱エネルギーで蒸散させ、フレッシュな細胞への生まれ変わりを促進します。

気になる肌トラブルを改善

スキンケア

にきび跡やクレーター改善は美容整形外科で治療が受けられますが、担当医師とよく相談して決める事が大切です。また肌トラブルの状況に合わせて、レーザー治療やダーマローラーといった特殊な最新治療方法があります。

ニキビが治った後のシミ

医者

茶色のニキビ跡は、シミと同じでメラニン色素が原因となっているので、レーザー治療で除去できます。ただし治療後には、メラニン色素の再度の影響を防ぐため、肌を保護することが大事です。昨今ではより深部に届くレーザーが開発され、治療回数は従来より少なくなりました。そのためレーザー治療の需要は高まっています。

ニキビ跡をなくす

先生

ニキビ跡について悩まされたときには、美容外科や皮膚科の行っているレーザー治療によってニキビ跡消すようにするとよいでしょう。きれいに消すことが出来ますし、体にかける負担も少なくすることが出来ることとなります。