にきび跡にはレーザー治療が最適!~美容外科で美肌をゲット~

女の人

ニキビが治った後のシミ

医者

ニキビが治っても、その後で茶色い跡が残ることがあります。これはニキビ跡と呼ばれているシミの一種で、紫外線を浴びることでできやすくなるシミと同じで、メラニン色素が原因となっています。肌は刺激を受けると、それから身を守るためにメラニン色素を作ります。そのため紫外線による刺激を受けた時にも、ニキビによる刺激を受けた時にも、同じようなシミができるわけです。シミは美容外科でのレーザー治療によって消すことが可能ですが、同じ性質を持つニキビ跡もやはり、レーザー治療で除去できます。ただし、レーザー治療も肌にとっては刺激となります。そのためレーザー治療後の肌でも、メラニン色素は作られやすくなります。したがって、ニキビ跡が除去された後は、再度メラニン色素が沈着しないように、肌をしっかりと保護することが大事です。そして美容外科では、そのための軟膏や保護テープなどが処方されています。

繰り返しニキビができるという人の場合、メラニン色素が肌の深部にまで沈着していることが多いです。そのようなニキビ跡をしっかりと消すためには、従来はレーザー治療を複数回受けることが必要とされていました。レーザーを照射すると肌表面が焦げてメラニン色素と一緒にはがれ落ちるようになるのですが、それを繰り返すことで、少しずつ深部のメラニン色素が除去されていくわけです。しかし昨今では、肌のより深部まで届くレーザーが開発され、それを使ってニキビ跡を治療する美容外科が増えてきました。深くまで届くということは、一度により多くのメラニン色素を除去できるということです。そのため治療回数は少なくて済みますし、肌を保護する日数も少なくなります。負担が少なくなったことから、ニキビ跡のレーザー治療を受ける人は増えていくと予想されています。